疑問解決 法律事務所

借金問題

民事再生

民事再生は、所有している不動産などの財産を手放さずに借金の返済額を小さくしたい方にとって、非常にメリットのある方法です。民事再生には企業が行う「民事再生」と個人が行う「個人民事再生」があり、ここでは後者の個人民事再生を説明しています。

まず個人民事再生を受けることが出来る条件は、住宅ローンを除く債務が5000万円以下で、かつ継続して定期的な収入が見込める個人となります。継続して安定した収入、という面で給与所得者向きであると言えます。任意整理では債権者との合意がなければ借金の免除が出来ませんでしたが、個人民事再生の場合は、債権者の合意がなくても裁判所の判断で、強制的に債務の一部免除が受けられます。

住宅ローンの支払いは免除されませんが、それ以外の借金はあらかじめ決められた基準で減額されます。この基準で減額された借金を3年以内で分割して支払っていきます。事情があれば5年まで延長してもらえます。例え住宅ローン以外の借金の原因が、ギャンブルや、給料の範囲を超えた買い物などであっても認めてもらえます。

ただし、メリットもある反面デメリットもあります。3年間(延長された場合5年間)で借金を返済出来なかった場合は、自己破産に切り替わる可能性があります。さらに民事再生をした場合、個人の名前が官報に掲載されます。一般の方がこの官報を見ることは稀であると思われますが、名前を一切表に出したくない、と思う方にとってはデメリットとなります。そしてこれも任意整理同様、信用情報機関に民事再生の事実が記録されますので、一定期間新たな借金が出来なくなります。

新たな借金が出来ないのは大変ですが、借金に依存しないで生活する勉強の期間として、前向きに捉えていきましょう。借金体質から抜け出すチャンスかもしれません。

法律事務所について

刑事事件

借金問題

家事事件

民事事件

労働問題

その他