疑問解決 法律事務所

借金問題

任意整理(和解)

まじめに借金を返し続けているのに返済のメドが全く立たない、一体どれくらいの利子を払っているのか?そう悩みながらも、借金を返済し続けているのなら一度「任意整理」を考えてみてはいかがでしょうか?ここでは借金問題に対処するための方法として「任意整理(貸金業者(債権者)との和解)」をご説明します。

この任意整理については、公的機関、裁判所などが一切関与しません。従って法律の事を理解していない債務者(借金をしている人)が、弁護士や認定司法書士などの専門家を頼ることなく、貸金業者と交渉し和解に持っていくことは非常に難しいといえます。法律の専門家を代理人に立てて、貸金業者と直接交渉してもらうことが個人にとっては無難な選択と言えます。

任意整理を理解するには、グレーゾーン金利を理解しなければなりません。改正貸金業法が平成22年6月に完全施行する前の出資法では、上限金利が29.2%と定められており、これを超えてしまった場合は、刑事罰の対象となりました。しかし本来債務者は、利息制限法で定められた範囲の利子さえ払えば良かったのです。この利子の上限は借入金額にもよりますが15~20%と決められていました。

けれどもそれを知らない債務者は、貸金業者(全ての貸金業者に当てはまる話ではありません)が利息制限法を無視し勝手に決めた金利を受け入れ、素直に支払っていた事実があるのです。これを超えた利子は民法上無効ですので、この差額を取引開始時までさかのぼり、再計算して、取り戻すことが出来ます。この再計算を「引き直し計算」と呼びます。

多めに払った利子分は元金と相殺できるので元金は減額され、その元金も分割して支払えるので継続して収入が見込める人や、民事再生や自己破産のデメリットを避けたい人にはお勧めです。 ただし任意整理をすると信用情報機関にその事実が記録されてしまうので、5~7年間は新しい借金をする事が出来なくなり、クレジットカードやローンの使用も同じように制限されます。

法律事務所について

刑事事件

借金問題

家事事件

民事事件

労働問題

その他