疑問解決 法律事務所

借金問題

自己破産

任意整理や個人再生が出来ない状況にある人、毎月一定の収入が見込めず、借金の額が雪だるま式に膨らみ手がつけられなくなったとき、自己破産を選択する事も一つの方法と思われます。ここでは「自己破産」についてご説明します。

自己破産とは債務者(借金をしている人)が裁判所に申し立てて、今ある借金をゼロにしてもらうことです。裁判所が免責を認め、債務者が破産宣告を受ければ借金を払う必要はありません。けれども破産手続きを申し立てた人が全て、債務弁済の免責決定がおりるかどうかは100%ではありません。ここにも条件があります。

まず債務者に免責がおりる借金の額ですが、債務者の年収の2倍を超えている、3年から5年たっても完済できないくらいの借金がある、という目安があります。ただその借金ですが、ギャンブルや買い物、遊興費で作ってしまった借金の場合、免責がおりない可能性があります。さらに自己破産しそうだと分かっていながら、新たな借金を作った、クレジットカードで買い物をした場合、詐欺罪にあたる可能性があるとして免責不許可事由になる場合があります。さらに厳しい取立てにより、すでに支払能力がないにも関わらず特定の貸金業者にだけ返済してしまうと、免責不許可事由になってしまうことがあります。

自己破産を決断した後は、どのような取立てを受けても支払ってはいけません。弁護士や司法書士に自己破産の意思を伝えている場合は、適切な指示を仰ぐようにして下さい。 裁判所で事情を聞かれた後免責が決定すると、債務者の借金はゼロになり、新たなスタートを切ることが出来ます。ただし債務者が受けるデメリットもありますので、注意が必要です。

自己破産になりますと、一定の財産(不動産や一定額以上の現金など)を失うことになります。官報に名前が載りますし、借金の保証人がいれば、保証人が債務者の借金の肩代わりをすることになりますので迷惑がかかります。さらに信用情報機関に自己破産の情報が記録されてしまいますので、7年間新たな借金をすることができません。 以上のようなデメリットも踏まえてそれでも自己破産の道しかない場合は、選択することもやむなしかもしれません。

法律事務所について

刑事事件

借金問題

家事事件

民事事件

労働問題

その他