疑問解決 法律事務所

その他

就職:事務職、秘書

まず、なぜ法律事務所の事務職や秘書になりたいのか良く考えて下さい。高い給与が欲しいなら、大企業の一般事務職の方が有利ではないかと思われます。

仕事の内容も、大規模な法律事務所であれば分業化されていますので狭い範囲の業務だけで済むかもしれませんし、給与面でも優遇されているかもしれません。けれども、小さな法律事務所の事務職員として採用されれば、同時に秘書の仕事もしなければなりませんし、訴訟の下準備を行ったり、法律的知識を持たなければならないかもしれません。しかも、給与面が必ず満足できるものかどうか保証はありません。

給与や待遇は各法律事務所で条件が違ってきますし、事務所の雰囲気もそれぞれ違いますので必ずこうです、という話は出来ませんが「とりあえず就職先がないので法律事務所でも・・」という軽い気持ちで始めると「こんなはずでは・・」と後悔することもあるようです。事務所の中の人間関係もありますが、これは就職してみないと分からない部分です。面接時に事務所の雰囲気をよく観察しましょう。

ただし待遇面が多少厳しくても、それでも法律事務所で働きたいという方、法律的なことを勉強したい、私の語学力を生かしたいなど、何かの目的ややる気があるのならば、そして法律事務所の事務職員や秘書を一生の仕事にしたいとお考えの方には、是非挑戦していただきたいと思います。

多少の苦労も耐え、何十年も仕事を続ければベテランとなり、一生の仕事に出来ます。これはお給料の良さや休日の多さなど、待遇だけを考えていても成立しません。専門知識を得れば、転職にも有利です。 就職先は一般的に職安や弁護士会、それから新聞の求人欄、人材派遣会社などで探せます。

法律事務所について

刑事事件

借金問題

家事事件

民事事件

労働問題

その他