疑問解決 法律事務所

法律事務所について

特許法律事務所

企業から要望される事により、特許や実用新案、商標や意匠などの出願書類を作成し、公官庁へ届け出る業務から、持ち込まれたアイデアを実際に出願できるかどうかをアドバイスしたり、出願後の知的財産権の保護や活用に関する相談を受けるなど、知的財産権全般に関する法的事務を得意とする法律事務所です。

ただし、特許法律事務所という看板を掲げた法律事務所でも、民事や刑事事件を扱う事はありますので、必ずしも特許専門の法律事務所であるとは限りません。簡単に特許といってもその範囲は広く、化学、生命科学、機械、電気、金属、繊維、および意匠などの部門などで細分化されており、大きな事務所になると各部門ごとに専門の担当者がいます。

商標の場合、海外での模造品や著作権侵害の問題に対応するため、海外の法律事務所との連携を図る、協力を求める力も必要とされます。特許法律事務所と名前が良く似ていますが、特許事務所も知的財産権に関する法律事務を行っています。

特許事務所には、弁理士という国家資格保有者が在籍し、産業財産権(特許権・実用新案・商標権・意匠権をまとめて産業財産権と呼びます)や工業所有権などの事務手続きに関わる事務を行っています。 特許事務所に弁護士は在籍していませんが、特許法律事務所には、弁護士と弁理士の両方が在籍しています。

基本的に弁理士が行う業務は弁護士も行うことが出来ますが、弁理士だけに許された専権業務があり、また細かく分けられた専門分野の特許申請に対応する事など、完璧な業務を遂行するためには、弁理士の存在は不可欠です。

法律事務所について

刑事事件

借金問題

家事事件

民事事件

労働問題

その他